観光客は、世界のどこからでも、特にアメリカ、ヨーロッパ、カナダ、ラテンアメリカからドミニカ共和国にやってきます。 ただし、永住権を取得するためにこの国を選んで定住する人もおり、その場合は休暇以外の手続きが必要になります。 ここでは、満たす必要のあるすべての要件、提示するドキュメント、および実行する手順を示します。

以下に、この記事で扱うすべてのポイントのインデックスがあります。

エントリー要件

2012年199月以降、ツーリストカードに関する法律67-875およびビザに関する法律No. XNUMXに従い、以下の書類は 義務的 特に明記されていない限り、ドミニカ共和国への入国を希望するすべての外国人:




  • 有効なパスポート:ドミニカ共和国に旅行するすべての外国人にとって、移民当局への提示は必須です。
  • ツーリストカード:それは実際、それを訪れる人々に国が課す税金です。 このカードは、ドミニカ共和国に到着すると、どのドミニカ空港でも簡単に入手できます。 時には、航空会社自体または旅行代理店でさえ、同じ休暇パッケージにツーリストカードが含まれています。 国への入国が観光目的の場合にのみ必要です。 このドキュメントの詳細については、以下をご覧ください。
  • ビザ:ドミニカ共和国がビザ契約に署名した国の国民、およびツーリストカードのみで旅行することを許可された国の国民(次のセクションで各ケースについて詳しく説明します)を除き、残りは入国時に渡航書類にビザを所持していること。

ツーリストカード

前述のように、ツーリストカードは 税率 法律199-67の規定に従って入国を希望する観光客に国が請求すること。このカードの取得は領事ビザなしで国の領土に入国するための必須要件です。 以下に、ツーリストカードについて考慮すべき一連の詳細を示します。

  • 受益権:利害関係者は、国の領土での滞在が有利な活動の遂行のためである場合、それを取得する権利を失います。
  • 価格:US $ 10.00または€10,00。
  • 有効期間:ツーリストカードはXNUMX年間有効で、XNUMX名のみ有効です。 また、XNUMX回しか使用できません。
  • 間違った使用:それが観光目的以外の目的で誤用または使用された場合、問題の個人は入国管理局によって認可され、いかなる形式もなく直ちに国から追放されます。
  • 国内滞在期間:ツーリストカードを使用すると、受益者は最大30日間ドミニカ共和国に滞在できます。 この期間を延長したい場合、利害関係者は滞在期間を延長したい時間によって金額が異なる料金を支払う必要があります。 この問題の詳細については、クリックして移民省に連絡することをお勧めします このリンク.
  • どこで買う:航空、陸上、海の港、海外のドミニカ大使館と領事館、ツアーオペレーター、インターネット経由での販売拠点(このポータルには、 このリンク).

誰がツーリストカードを必要としませんか?

特定のグループがいくつかあります 観光カードの支払いを免除 ドミニカ共和国政府が移民に関する協定を維持しているからです。 これらの特定のケースを以下に示します。

  • ドミニカの居住者、ビザ、国民。
  • 以下の国からの外国人:アルゼンチン、チリ、エクアドル、 韓国, 日本、イスラエル、ウルグアイ、ペルー。
  • 彼らがその機能を維持し、公式の任務で国の領土に入る限り、その国で認定された外国籍の外交および領事担当官
  • スポーツ、レクリエーション、観光、エグゼクティブ、またはビジネス上の理由で民間の非商用航空機を利用する乗客は、体重が30.000万ポンド(12)を超えず、最大収容人数はXNUMX人です。
  • ハイチ国籍の外国人で、ドミニカ領土への同日出入国を可能にするカードが付与されている。 移民法第78条によると、これは、カードの所持者のハイチの住居に隣接するドミニカ国境州にのみ適用されます。 それ以外の場合は、ツーリストカードを支払う義務があります。

ビザやツーリストカードを必要としない外国人

次のリストは、国民が領事ビザと観光カードを申請する義務を免除されている国を示しています。

  • アルゼンチン
  • チリ
  • 日本
  • 韓国
  • イスラエル
  • ペルー
  • エクアドル
  • ウルグアイ

これは、これらの市民がこれらの文書を必要としないことを意味しますが、彼らは彼らの Pasaporte Vigente ドミニカ共和国への入国を正式化した時点で。

ツーリストカードのみが必要な外国人

以下にリストされている国からの市民は、彼らの訪問が単に観光目的である限り、ドミニカ領土に入ることができるために前述のツーリストカードを取得する必要があるだけです:

  • A:アクロティリアンドデケリア(イギリス)、ドイツ、アンドラ、アンギラ(イギリス)、アンティグアバーブーダ、オランダ領アンティル(オランダ領アンティル)、アルバ、 オーストラリア そしてオーストリア。
  • B:バハマ、バーレーン、バルバドス、ベルギー、ベリーズ、バミューダ(イギリス)、ボリビア、ボツワナ、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア。
  • C:カナダ、キプロス、バチカン市国(聖座)、コスタリカ、クロアチア。
  • D:デンマークとドミニカ。
  • E:エルサルバドル、アラブ首長国連邦、スコットランド(イギリス)、スロバキア、スロベニア、スペイン、アメリカ合衆国、エストニア。
  • F:フィジー、フランス、フィンランド。
  • G:ウェールズ(イギリス)、サウスジョージア(イギリス)、ジブラルタル(イギリス)、ギリシャ、グレナダ、グリーンランド(デンマーク)、グリーンランド(ノルウェー)、グアドループ(フランス)、グアム(米国)、グアテマラ、ガイアナ、フランス領ガイアナ(フランス)。
  • H:ハワイ(米国)、 ホンジュラス、香港*およびハンガリー。
  • I:アイルランド、北アイルランド(UK)、ブーベ島、ココス島(オーストラリア)、クックアイランド(NZ)、クリスマス島(オーストラリア)、ファロー島(デンマーク)、ハード島とマクドナルド島、ノーフォーク島(オーストラリア)、パラオ島(米国)、アメリカンサモア島(米国)、アイスランド、ケイマン諸島(イギリス)、ファオレ諸島(ノルウェー)、フォークランドまたはフォークランド諸島(英国)、北マリアナ諸島、マーシャル諸島、ソロモン諸島、サンドイッチ諸島(英国)、スバルバード諸島(ノルウェー)、トケラウ諸島、トルコおよびカイコス諸島、バージン諸島(米国)、ウォリス島とフトゥナ諸島(フランス)とイタリア。
  • J:ジャマイカとヤン(ノルウェー)。
  • K:カザフスタン、キリバス、クウェート。
  • L:ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク。
  • M:マカオ*、マケドニア、ミクロネシア、マレーシア、 マルタ、マルティニーク島、モーリシャス、マイエン(ノルウェー)、マヨット(フランス)、メキシコ、モナコ、モントセラト(イギリス)。
  • N:ナミビア、ナウル、ニカラグア、ニウエ(NZ)、ノルウェー、ニューカレドニア(フランス)、ニュージーランド。
  • P:オランダ(オランダ、キュラソー、サンマルティーンを含む)、パナマ、パラグアイ、フランス領ポリネシア(フランス)、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ(米国)。
  • Q:カタール。
  • R:英国、チェコ共和国、南アフリカ共和国、スロバキア共和国、レユニオン(フランス)、ルーマニア、 ロシア.
  • S:セントクリストファーネイビス、セントマリノ、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、セントヘレナ(イギリス)、セントルシア、セルビア、セーシェル、シンガポール、セントジョン(アメリカ)、セントクロア(アメリカ)、セントトーマス(アメリカ)州)、スウェーデン、スイス、スリナム、スバールバル(ノルウェー)。
  • T:タイ、台湾、フランス領極南諸島(フランス)、トケラウ(ニュージーランド)、トンガ、トリニダードトバゴ、トリスタンダクーニャ(セントヘレナ)、トルコ、ツバル。
  • U:ウクライナ。
  • V:バヌアツとベネズエラ。

*香港および中華人民共和国のマカオ特別行政区の特別パスポートの所有者に有効です。

原則として、EU、米国、カナダ、イギリスに入国できる国の国民は、ツーリストカードだけでドミニカ共和国に旅行できます。

ビザが必要な外国人

以下にリストされている国のいずれかの国籍を有する市民は、 義務的に ドミニカ共和国に入国するためのビザの取得:

  • A:アブハジア、アフガニスタン、アルバニア、アンゴラ、サウジアラビア、アルジェリア、アルメニア、アゼルバイジャン。
  • B:バングラデシュ、ベナン、ベラルーシ、ボスニアヘルツェゴビナ、ブルキナファソ、ブルンジ、ブータン。
  • C:カーボベルデ、カンボジア、カメルーン、チャド、コロンビア、コモロ、コンゴ(ブラザビル)、コンゴ(キンシャサ)、北朝鮮、コートジボワール、キューバ。
  • D:ジブチ。
  • E: エジプト、エリトリア、エチオピア。
  • F:フィリピン。
  • G:ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、赤道ギニア、ギニアビサウ。
  • H:ハイチと香港。
  • I:インド、インドネシア、イラク、イラン。
  • J:ジョーダン。
  • K:ケニア、キルギスタン、コソボ(セルビア)。
  • L:ラオス、レソト、レバノン、リベリア、リビア。
  • M:マカオ(中華人民共和国)、マダガスカル、マラウイ、モルディブ、マリ、モロッコ、モーリタニア、モルドバ、モンゴル、モンテネグロ、モザンビーク、ミャンマー。
  • N:Nagorno-Karabakh、ネパール、ニジェール、ナイジェリア、Norfo。
  • O:オマーンと南オセチア(ジョージア州内で事実上独立)。
  • P:パキスタン、パラオ、パレスチナ(パレスチナ自治政府)、パプアニューギニア。
  • R:中華人民共和国、コンゴ民主共和国、中央アフリカ共和国、ルワンダ。
  • S:西サハラ、サントメ、プリンシペ、セネガル、シエラレオネ、シリア、ソマリア、ソマリア(ソマリア内で事実上独立)、スリランカ、スワジランド、スーダン。
  • T:タンザニア、タジキスタン、東チモール、トーゴ、トランスニストリア、 チュニジア そしてトルクメニスタン。
  • U:ウガンダとウズベキスタン。
  • V:ベトナム。
  • Y:イエメンとジブチ。
  • Z:ザイール、ジンバブエ、ザンビア。

外交または類似のパスポートを持つ外国人

以下の国のいずれかからの外国人は、二国間協定のおかげで、 ビザの相互取り消し 以下の外交、公式、またはサービスパスポートの所有者であること:

  • A:アルゼンチン。
  • B:ブラジルとベリーズ。
  • C:チリ、コスタリカ、コロンビア、韓国。
  • E:エクアドルとエルサルバドル。
  • G:グアテマラ。
  • F:フィンランド。
  • H: ホンジュラス.
  • I:イスラエル。
  • J:日本
  • M:メキシコ(公式パスポートを除く)およびモロッコ。
  • N:ニカラグア。
  • P:パナマとペルー。
  • R: ロシア および中華民国(台湾)。
  • S:スイス(公式パスポートを除く)と聖座。
  • U:ウルグアイとウクライナ。
  • V:ベトナム

ビザの種類

Para ingresar en la República Dominicana, existen diferentes tipos de visas que pueden solicitarse en el Consulado o en la Embajada de la República Dominicana que se encuentre en nuestro país.ドミニカ共和国に入国するためには、私たちの国の領事館またはドミニカ共和国大使館で要求できるさまざまな種類のビザがあります。 Cada tipo de visa sirve para un caso concreto, por lo que existen hastaそれぞれのタイプのビザは特定のケースで使用されるため、 XNUMXタイプ ビザに関する法律No. 875に従い、それぞれに申請書と期間があり、次のセクションで説明します。

観光ビザ

La Visa de Turismo (TS) se otorga a aquellos ciudadanos extranjeros que deseen entrar en territorio dominicano para disfrutar del país con fines turísticos o culturales y para asistir a congresos o convenciones.観光ビザ(TS)は、観光または文化目的で国を楽しみ、議会や会議に出席するためにドミニカ領土に入国することを希望する外国人に付与されます。 Es válida durante un máximo de最大で有効です 60日 y su aplicación puede ser de una única entrada o para entradas múltiples.アプリケーションは、単一のエントリまたは複数のエントリにすることができます。 De igual manera, los beneficiarios de esta visa no podrán desempeñar ningún tipo de actividad lucrativa en la República Dominicana.同様に、このビザの受益者は、ドミニカ共和国でいかなる種類の有利な活動も実行することができません。 Esta Visa puede solicitarse por todos los ciudadanos del mundo en alguna oficina consular dominicana.このビザは、ドミニカ領事館で世界中のすべての市民が申請できます。

以下に、すべての外国人が出身国から処理しなければならない要件を示します。

  • Formulario:ビザフォームは、タイプまたは印刷物で正式に提出する必要があります。 Puede solicitarse impreso en las oficinas consulares oa través de Internet haciendo clic en este enlace.領事館またはインターネットでこのリンクをクリックすることにより、印刷で請求できます。
  • DNIと在留カード:利害関係者は、国籍の国のIDの判読可能なコピーと、第二国の居住者がいる場合は別の在留カードのコピーを提示する必要があります。
  • 写真撮影:4 x 5 cmのパスポートタイプの写真を提示する必要があります(白い背景と正面)。
  • パスポート:元のパスポートは6か月以上の有効期間で提示する必要があります。
  • 両親または法的保護者の許可:未成年者の場合は、関係する未成年者に観光ビザを付与するための承認もリクエストする必要があります。
  • フライト予約:ご旅行日までに更新されたフライト予約の判読可能なコピーを提示する必要があります。
  • ホテル予約または招待状:滞在する場所に応じて、いずれかのドキュメントを提示する必要があります。 En caso de hospedarnos en un hotel, tendremos que presentar una copia legible de la reserva del hotel.ホテルにご宿泊の場合は、ホテルの予約の判読可能なコピーを提示する必要があります。 En caso de hospedarnos en la residencia de alguien que viva en la República Dominicana, se deberá entregar una carta de invitación con los datos de la persona que dará hospedaje (dirección y datos personales generales).ドミニカ共和国に住んでいる人の住居に滞在する場合は、ホストする人のデータ(住所と一般的な個人データ)を添えて招待状を送付する必要があります。
  • フライト予約:ご旅行日までに更新されたフライト予約の判読可能なコピーを提示する必要があります。
  • 以前のドミニカビザ:更新がある場合でも、以前にその国に旅行したことがある場合でも、以前のドミニカビザの判読可能なコピーを提示する必要があります。
  • 犯罪歴のない証明書:関係者が居住していた最後の国の対応する当局によって発行されたに違いありません。 Este requisito no se exige para los menores de edad.この要件は未成年者には必要ありません。
  • ビザ申請書:受益者またはその代理人は、ビザ申請書に署名する必要があります。このビザ申請書には、氏名、国籍、献身的な活動、居住地、利用可能な経済的手段、および国への旅行目的が記載されています。 Dicha carta debe presentarse sin notarizar.この手紙は公証なしに提示されなければなりません。

El tiempo de obtención de la Visa de Turismo puede ser de entre 1 y 10 días a partir de su solicitud.観光ビザの取得期間は、リクエストから80.00〜80,00日です。 En cuanto al precio, la Visa de entradas múltiples cuesta US$70.00 u 70,00€ y la de entrada única asciende a US$XNUMX u XNUMX€.価格については、複数エントリービザはUS $ XNUMXまたは€XNUMX、シングルエントリーXNUMXはUS $ XNUMXまたは€XNUMXになります。 El importe se abonará en dólares a no ser que nos encontremos en la Zona Euro.ユーロ圏でない限り、金額はドルで支払われます。

ビジネスビザ

La Visa de Negocios se expide para viajes de negocios, con fines comerciales o profesionales.ビジネスビザは、商業目的または職業上の目的で、出張のために発行されます。 Es válida para un máximo de 60 días si es de una única entrada, aunque puede renovarse de forma automática a petición del beneficiario dentro del término de los 60 días anteriores.単一のエントリの場合、最大XNUMX日間有効ですが、過去XNUMX日間の期間内に受益者の要求に応じて自動的に更新できます。 No será necesaria la autorización expresa de la Secretaría de Estado de Relaciones Exteriores.外務省の国務長官の明示的な承認は必要ありません。 Si se desea entrar y salir con mayor frecuencia, se puede solicitar una visa de negocios con entradas múltiples, la cual es válida para un año y no se podrá permanecer en el país durante más de dos meses consecutivos.より頻繁に出入国したい場合は、複数の入国でビザを申請できます。これはXNUMX年間有効で、XNUMXか月以上連続して国内に滞在することはできません。

次の行は、外国の利害関係者が満たすべき要件を示しています。

  • Formulario:ビザフォームは、タイプライターまたは読みやすい印刷物で記入する必要があります。
  • ビザ申請書:受益者が所属する会社または機関が署名し、領事館に宛てたもの。 Dicha carta debe contener el nombre del beneficiario, su nacionalidad, lugar de residencia, medios económicos con los que cuenta, actividad a la que se dedica y motivo por el cual viaja a la República Dominicana.この手紙には、受益者の名前、国籍、居住地、彼が持っている経済的手段、彼が献身している活動、およびドミニカ共和国に旅行した理由が含まれていなければなりません。 Deberá ser cursada por la empresa o institución en hoja timbrada y sellada.これは、会社または機関によって、刻印されたシートに記入する必要があります。 Se debe presentar sin notarizar.公証なしで提示する必要があります。
  • 写真撮影:正面から、白い背景で、関係者は4 x 5 cmのパスポートタイプの写真を提示する必要があります。
  • 元のパスポート:最低6か月間有効である必要があります。
  • 渡り鳥の状態:上記のステータスは、国籍の国のIDの判読可能なコピーと、第二国に居住している場合は在留カードのコピーを提示することで証明されます。
  • 労働資格:次の情報を含める必要があります:会社への入社日、受け取った給与、および会社での地位。
  • 旅行歴:つまり、ドミニカビザと他の国からのビザ(ある場合)のコピーです。
  • 犯罪歴のない証明書:関係者が本国に居住していた最後の国の対応する当局が発行する必要があります。

ビジネスビザを取得するための期間は、緊急性、以前の申請、申請者の国籍、およびスタッフの空き状況に応じて、申請から1日または最長15日まで延長できます。 料金はシングルエントリービザでUS $ 80.00または€80,00、複数エントリーでUS $ 90.00または€90,00です。

労働目的のビジネスビザ

労働目的のビジネスビザ(NM1)は、その職業の性質上、海外に行かなくてもXNUMX年間ドミニカ領に滞在しなければならない外国人に発行されます。 このビザは通常、関係者がドミニカ共和国に設立された公営または民間の会社で指定された期間契約を結ぶ場合に付与されます。 このタイプのビザは、契約の期間中、特定のケースごとに更新できます。

以下に、関係者が上記のビザを取得するために満たす必要がある要件を示します。

  • Formulario:Visaフォームはタイプライターまたは読みやすい書面で記入する必要があります。
  • 元のパスポート:必須の最小有効期間は6か月でなければなりません。
  • 写真撮影:これはパスポートサイズ(4 x 5 cm)で、前面で、背景が白である必要があります。
  • 求人:受益者、基本給に追加の福利厚生が占める地位を明記する必要があります。
  • 労働省からの認証:会社が労働記録の統合システム(SIRLA)に登録されており、労働国有化に関するドミニカ労働法第135条の規定に準拠していることを明記する必要があります。
  • 診断書:関係者の一般的な健康状態の診断が含まれている必要があり、罹患している可能性があるあらゆる種類の感染症がある場合は、それを示しています この証明書は、申請者が居住していた最後の国の保健当局によって発行されたものでなければなりません。
  • 出生証明書:必要に応じて、正当に合法化またはアポスティーユされなければなりません。 スペイン語以外の言語で書かれている場合は、宣誓翻訳者/通訳が翻訳する必要があります。 後者の場合、原本と翻訳の両方を寄託する必要があります。
  • 犯罪歴のない証明書:これは、問題の人が居住していた最後の国の対応する当局が発行する必要があります。
  • DNI、在留カード、以前のドミニカビザ:利害関係者が第二国に居住している場合は、国籍の国のDNIと在留カードの両方の判読可能なコピーと、その人が取得した可能性がある以前のドミニカビザの別のビザを提示する必要があります。
  • 移民総局の認定:関係者の国への最後のエントリが含まれている必要があります(以前にDRに旅行したことがある場合)。
  • ビザ申請書:申請者またはその代理人によって作成され、外務省に宛てられ、名前、国籍、居住地、およびドミニカ領内で従事する活動が含まれている必要があります。

このビザの価格はUS $ 90.00または€90,00で、取得日は申請日から5〜15日間です。




外交官、公式および礼儀ビザ

外交ビザは、国際機関のメンバーを含む家族や外交使節や使節団のメンバーに発行されます。 XNUMX番目のタイプである公式ビザについては、公式のパスポートを所持しており、私的な方法で国に旅行するか、その地位の手続きを行うために、政府関係者または国際機関、およびその家族を対象としています。 最後に、この種のパスポートを持って国に旅行する場合に備えて、外交官または政府職員とその親族には通常のパスポートで礼儀ビザが付与されます。 このビザは、著名人やその親族にも付与されます。

これがあなたのケースである場合に満たす必要のある要件は次のとおりです。

  • Formulario:ビザフォームは適切に記入する必要があります(タイプライターまたは判読可能な印刷物)。
  • 口頭または外交上のメモ:外交使節団、領事館または国際機関が含まれている必要があり、次の情報を示す必要があります:申請者の名前、国籍、外交官のランクまたは地位、パスポート番号、旅行の理由。
  • 写真撮影:これはパスポートサイズ、つまり4 x 5 cmで、正面から、白い背景の上にある必要があります。
  • 元のパスポート:最低有効期間は、ドミニカ共和国での滞在が続く期間をカバーするのに十分でなければなりません。

これら1種類のビザのいずれかを取得する期間は、申請日から15〜XNUMX日です。

扶養ビザ

扶養ビザとは、外交、礼儀、公務、仕事用ビザ、学生ビザの受益者の家族への依存を理由に付与されるビザです。 このビザは常に、主な親族または彼らが依存する雇用主に付与されるビザの種類に依存します。

次のリストは、上記のビザの発行のために満たす必要のあるすべての要件を示しています。

  • Formulario:以前のすべてのケースと同様に、ビザフォームはタイプライターまたは判読可能な印刷物のいずれかで正式に記入する必要があります。
  • 写真撮影:前面から完全に白い背景の上に4 x 5 cmである必要があります。
  • 元のパスポート:最小有効期間は、要求されているビザの有効期間以上でなければなりません。
  • 子供の結婚証明書または出生証明書:これは、扶養家族ビザを要求する人の特定のケースに依存します。
  • ドミニカのビザまたは居住カードとパスポートのコピー:これらの文書のコピーは、申請者が依存する人から提示する必要があります。
  • 診断書:関係者の健康状態の完全な診断、および感染者が何らかの感染症にかかっているかどうかを含める必要があります。 この証明書は、関係者が居住していた最後の国の保健当局によって付与されなければなりません。
  • 犯罪歴のない証明書:診断書と同様に、申請者が居住していた最後の国の当局から発行されなければなりません。
  • 両親または法的保護者の許可:この要件は、関係者が未成年である場合にのみ満たされます。 ドミニカ共和国にいない父親または母親は、他の親が問題の未成年者をドミニカ領土に連れて行くという事実に同意する必要があります。
  • DNIと在留カードのコピー:DNIは、関係国が第XNUMX国に居住している場合は、国籍と居住カードのDNIである必要があります。
  • 経済的ソルベンシー:申請者が依存している人が銀行の手紙、財産の肩書き、雇用の手紙などの金銭的支払能力があることを証明する書類を提示しなければなりません
  • 以前のドミニカビザ:以前にドミニカ共和国に滞在したことがある場合は、上記のビザの判読可能なコピーを提示する必要があります。
  • ビザ申請書:領事館宛てで、受益者が依存する人が書面で提出する必要があります。 この人は、自分自身を識別し、学生ビザまたはNMIビザを所持していることの証明を提示する必要があります。 さらに、家族関係や雇用関係のために、扶養家族ビザが要求される人が彼に依存しているかどうかを示さなければなりません。

他のタイプのビザと同様に、依存ビザは要求された時から5から15日かかります。常に緊急性、申請者の国籍、その他の要因によります。 価格はUS $ 80.00または€80,00です。

レジデンスビザ

居住ビザ(RS)は、ドミニカ共和国に永住することに興味のある人に発行されます。 このタイプのビザは、次のいずれかの場合に許可されます。

  • 家族関係、結婚による家族の再統合または直接の依存。
  • 法律171-07の規定に基づく年金受給者、退職者、または賃借人。
  • 投資家は、法律171-07の規定に従います。

レジデンスビザは60日間有効で、90.00回の入国で有効です。 価格はUS $ 90,00または€5で、リクエストから15〜XNUMX日かかる場合があります。 ドミニカの領土に入ると、関係者は移民総局に出向き、一時居住の手続きを正式に行う必要があります。その中には、以下に記載されているケースのそれぞれで要求される追加の要件が満たされますセクション。

家族統一のための居住ビザの要件:

  • ビザ申請書:対応する領事館宛てに送付し、受益者の署名が必要です。 名前、国籍、居住地、職業、ドミニカ共和国に合法的に居住する外国人の配偶者または子として国内に定住するための手続きに関する情報を含める必要があります。 この手紙を合法化したり、使徒職にしたりすべきではありません。
  • 写真撮影:これはパスポートタイプになります。つまり、4 x 5 cm、背景が白、正面が測定されます。
  • Formulario:対応するビザフォームに記入し、タイプライターまたは判読可能な印刷物で正式に記入します。
  • 元のパスポート:必要な最小有効期間は18か月です。
  • DNIと在留カード:両方の文書の判読可能な写真のコピーを提示する必要があります。国籍の国のDNIと、第二国に永住する場合の在留カード。
  • 診断書:それは、関係者の一般的な医学的状態、および彼が苦しんでいる感染症を述べなければなりません。 これは、問題の人が居住していた最後の国の保健当局によって発行されなければなりません。
  • 犯罪歴のない証明書:必要に応じて適法に合法化またはアポスティーユされた場合、この件に関して所管官庁が発行する必要があります。 未成年者には必要ありません。
  • 出生証明書:正式に合法化または提供された。 また、スペイン語以外の言語で書かれている場合は、公式の宣誓翻訳者が翻訳する必要があり、両方のドキュメント、つまり原本と翻訳が提供されます。
  • 結婚証明書:この要件は、ケースによって異なる場合があります。 当事者のXNUMX人がDRの原住民であり、それらの結婚が海外で行われた場合、転記された結婚証明書は中央選挙管理委員会(JCE)の市民登録簿に提出されなければなりません。 一方、両方の当事者が外国人であり、あなたの結婚が海外で行われた場合、結婚証明書のみを提示する必要があります。 スペイン語でない場合は、公式の宣誓翻訳者が翻訳する必要があり、元の(正式にアポスティーユ式または合法化された)と必須の翻訳が寄託されます。
  • 経済的ソルベンシー:保証人の経済的支払能力を証明する一連の文書が提示されます:銀行からの手紙、労働者の手紙、不動産または不動産の所有権の証明書のコピー、金融証明書のコピー、年金所得証明書およびその他の文書終わり。
  • 保証書:この手紙は、ドミニカ共和国に居住している人が、本国送還および維持費の責任を負うこと、および外国人の道徳的および経済的条件を尊重することを表明するのに役立ちます。 後者とXNUMX人の証人が署名し、共和国司法長官室で正式に公証および合法化されなければなりません。

レンティエの居住ビザの要件:

  • ビザ申請書:利害関係者が署名し、対応する領事館に宛てた。 名前、国籍、居住地、献身的な生産活動、賃貸人として国に定住するための計画に関する情報を含める必要があります。 この手紙は合法化されておらず、アポスティーユもない。
  • Formulario:利害関係者は、タイプライターまたは読みやすい印刷物のいずれかでビザフォームに適切に記入する必要があります。
  • 写真撮影:サイズ4×5cm、背景が白で関係者が正面から出ます。
  • 元のパスポート:この場合に必要な最小有効期間は18か月です。
  • DNIと在留カード:両方の文書の判読可能なコピーを提示することが必須です。 DNIは、その一部として、申請者の出身国のものであり、在留カードは、もしあれば、利害関係者の第XNUMX国のものです。
  • 犯罪歴のない証明書:個人が過去5年間に居住した国の対応する当局で要求される必要があります。 必要に応じて、正式に合法化またはアポスティーユされます。
  • 診断書:関係者の健康状態の包括的な診断が表示され、感染症にかかっているかどうかを指定する必要があります。 申請者が本国に居住していた最後の国の医療当局が発行する必要があります。
  • 出生証明書:スペイン語で書かれていない場合は、公式の宣誓翻訳者に翻訳を依頼する必要があります。 場合によっては、元のアポスティーユまたは合法化され、翻訳が提示されます。
  • 出身国への個人投資を行うレンティスタ:この場合、蓄積された資金の出所である機関の財務文書、銀行の認証、金融機関(株式ブローカーなど)の認証、賃貸契約、および収入源となる会社の株主または所有者として関心がある
  • ドミニカ共和国に個人投資したレンティスタ:これがあなたの場合、あなたは国の領土で行われた個人的な投資を証明する文書を提示しなければなりません。 不動産のタイトルのコピー、それが労働省によって課された条件の下で運営されていることを示す企業の文書、およびドミニカ共和国の銀行証明書を提示する必要があります。
  • 最小額:賃借人は、ドミニカペソ(DOP)で月額2,000.00ドルまたは同等の収入を受け取る必要があります。

投資居住ビザの要件:

  • ビザ申請書:受益者の署名が含まれている必要があります。 それは対応する領事館のオフィスに宛てられ、名前、国籍、居住地、および申請者の職業が含まれます。 国の投資家としての地位を確立するための計画に関する情報も表示されます。 この手紙を合法化したり、使徒職にしたりすべきではありません。
  • Formulario:対応するビザフォームは、タイプライターまたは判読可能な印刷物で適切に記入する必要があります。
  • 写真撮影:パスポートタイプの写真である必要があります。つまり、関係者は正面から、白い背景の上に現れる必要があります。 サイズは4 x 5 cmでなければなりません。
  • 犯罪歴のない証明書:他の機会で言及されているように、関係者が過去5年間に居住した国の対応する当局から付与される必要があります。 さらに、適切に合法化またはアポスティーユされなければなりません。
  • 元のパスポート:最小有効期間は18か月です。
  • DNIと在留カード:これらXNUMXつの文書の判読可能なコピーも寄託する必要があります。 在留カードは、受益者が国籍とは別の国に居住している場合にのみ必要です。
  • 診断書:この証明書では、関係者の健康状態が認定され、感染症にかかっているかどうかが示されます。 これは、その人が居住していた最後の国の保健当局によって発行されたものでなければなりません。
  • 出生証明書:スペイン語以外の言語の場合は、公式の宣誓翻訳者/通訳者が翻訳する必要があります。 この場合、原本(アポスティーユまたは合法化されたもの)と翻訳が提示されます。
  • CEI-RDによる投資家証明書
  • 受取人からの就職証明書:夫/妻と子供(もしあれば)の場合、これらもホスト企業の保証書に含まれている必要があります。
  • 保証書:これは、申請者が経済的扶養家族、国内の従業員、直系の子孫、または受益者またはワードの18歳以上の子供である場合にのみ必要です。 申請者が会社の株主である場合は、元の会社の行政審議会の法律と配達するコピーを提示する必要があります。

退職/年金居住ビザの要件:

  • ビザ申請書:受益者によって署名され、対応する領事館宛てに送付され、名前、国籍、居住地、関係者の職業が含まれます。 また、国で退職者/年金受給者としての地位を確立する方法についても説明する必要があります。 合法化またはアポスティーユされるべきではありません。
  • ビザフォーム:タイプライターまたは読みやすい印刷物で完成。
  • 写真撮影:カードの種類、つまり関係者が正面から、白い背景の上に現れる必要があります。 寸法は4 x 5 cmでなければなりません。
  • 犯罪歴のない証明書:過去5年間に受益者が居住した国の所管官庁により発行された。 必要に応じて、正式に合法化またはアポスティーユされなければなりません。
  • 元のパスポート:最小有効期間は18か月です。
  • DNIと在留カード:これらXNUMXつの文書の判読可能なコピー。 居住カードは、受益者が第二国に居住している場合にのみ必要です。
  • 診断書:その中で、利害関係者の健康状態は認定され、彼らが何らかのタイプの感染症に罹患しているかどうかを示します。 申請者が居住していた最後の国の保健当局が発行する必要があります。
  • 出生証明書:スペイン語でない場合は、公式の宣誓翻訳者が翻訳する必要があります。 この場合、原本(アポスティーユまたは合法化されたもの)と翻訳が提示されます。
  • 政府、外国の民間企業または公的機関からの証明書:関係者がサービスを提供したこれらXNUMXつのエンティティのいずれかによって発行された証明書です。 スペイン語でない場合は、公式の宣誓翻訳者が正式に翻訳する必要があります。 このような証明書には、利害関係者の一般的なデータ、彼が保有する地位、および年金として受け取った給与が表示されます。
  • 最小額:US $ 1,500.00ドルまたは同等のドミニカペソ(DOP)。

学生ビザ

学生ビザは、学生としての身分を証明し、ドミニカ共和国の教育機関での研究のために受け入れられたすべての外国人に発行されます。 このタイプのビザは毎年更新できます。

以下は、学生ビザを取得するために必要な要件です。

  • ビザフォーム:判読可能な印刷物または機械で記入する必要があります。
  • パスポート写真:測定値は4 x 5 cmで、関係者は前面に、白い背景で表示される必要があります。
  • 大学または研究センターからの証明書:これは、上記の大学または研究センターでの最終的な承認が証明される文書です。 そのような文書には、次のデータが含まれます:実施される研究のレベル、選択された施設およびそれが続く時間。
  • 奨学金を認定する書類(ある場合):研究助成金の場合、または出身国の機関が同じものを支払う場合は、この文書を提示する必要があります。この文書には、受給者または授与された奨学金に授与される金額と、期待された。 それが奨学金であろうと資金提供された研究であろうと、この文書はレターヘッドに書かれ、所管機関によって認証されなければなりません。
  • 診断書:問題の学生の健康状態の包括的な診断が表示されます。 関係者が本国に居住している最後の国の医療当局によって発行されなければなりません。
  • 犯罪歴のない証明書:関係者が居住した最後の国の所管官庁によって発行された。 未成年には適用されません。
  • 親または法的保護者の承認:それが未成年者である場合、両方の親は自分の子供がドミニカ共和国の領土に引っ越すことに同意する必要があります。
  • DNIと在留カードのコピー (これは、第XNUMX国に居住している場合)。
  • 経済的ソルベンシー:銀行の手紙、物件のタイトルなど、提示する必要があることを証明する文書
  • 以前のドミニカビザ (存在する場合)。
  • アプリケーションの手紙:利害関係者またはその法定代理人が対応する領事館に提出し、学生の名前と国籍を明記する必要があります。

学生ビザを取得するための価格は、US $ 80.00または€80,00です。 入手時期は、申請日より5〜15日程度です。

臨時労働者ビザ(VTT)

派遣労働ビザ(VTT)は、ドミニカ領土への労働力の移動に関しては最も一般的です。 これは、ドミニカ共和国に登録されている会社からの求人を持つ外国人に付与されます。 最大有効期間はXNUMX年で、XNUMXつまたは複数のエントリを持つビザで、常に雇用契約の条件に従います。

以下は、VTTの対象となるために満たす必要がある要件です。

  • ビザ申請書:これは外交使節または領事使節団の首長に宛て​​られなければならず、それは受益者の名前と国籍、雇用会社の詳細、および受益者が従事しようとしている活動を含まなければなりません。
  • ビザフォーム:いつものように、タイプライターまたは読みやすい印刷物で記入する必要があります。
  • パスポート写真:サイズは2 x 2 cmで、正面と白い背景になります。 ジュエリーやその他のアクセサリーは着用できません。 さらに、耳が覆われていない必要があります。
  • 元のパスポート:最低有効期間は18か月で、パスポートの完全なコピーも添付されます。
  • 出身国のDNIのコピー:同じものの判読可能なコピーと、第二国に居住している場合は在留カードのコピーが寄託されます。
  • 犯罪歴のない証明書:これは、関係者の出身国または彼が最後に居住した国の管轄当局によって発行されなければなりません。 スペイン語でない場合は、公式の宣誓翻訳者が翻訳する必要があります。
  • 元の手紙:これは、外国人が一時的な作業を行う機関、会社、個人、または団体によって発行されます。
  • 保険担保債:本国送還および医療費を確実にカバーするために、この要件を満たす必要があります。
  • 診断書:上記の証明書には、関係者の健康状態の完全な診断が表示され、伝染病があるかどうかが示されます。
  • 雇用の約束を伴う雇用会社からの連絡:さらに、労働省からの証明書を添付する必要があります。これは、その会社が会社に登録され、社会保障財務省(TSS)に登録されていることを示します。
  • 移民総局(DGM)によって承認された入国申請書:この要件は、契約割当制度に基づく派遣労働者のビザ申請の場合にのみ必要です。

VTTの更新

また、雇用契約の更新を希望する場合、VTTの更新を希望する時点でその国に物理的に滞在している限り、前述の要件の他に、労働者は以下にリストされている要件を満たす必要があります。

  • 契約の登録を注文するために労働省によって付与された決議を伴う最初の契約。
  • 契約条件付き臨時政権下の臨時労働者の場合、DGMによって承認された入学申請書のコピー。

VTTを取得するための価格は、ドミニカ共和国にいる場合はRD $ 935.00ペソ、海外にいる場合はUS $ 30.00または€30,00です。 このビザの取得には、申請日から5〜15日かかる場合があります。

帰化

帰化または国有化は、最初の国の元の市民が1683番目の国の国籍を取得するプロセスであり、したがって、彼らはその瞬間からその国の市民と見なされます。 ドミニカ共和国の場合、通常のドミニカ帰化の申請プロセスは、法律XNUMXの規定に従って行われ、以下の要件が満たされている必要があります。

  • アプリケーションの手紙:内務省および警察の国務長官を通じて行政機関に宛てて提出する必要があります。
  • 写真:正面から出てくるパスポートタイプの写真(サイズ5×2cm)を2枚お届けします。 さらに、それらは最近のものである必要があり、申請者が男性の場合、彼は剃られなければなりません。
  • 国内の永住権の認証:利害関係者は、移民総局によって発行されたXNUMXつの証明書を提出する必要があります。この証明書には、その国にXNUMX年以上の永住権があり、その住所に保証書が届いていることが示されます。
  • 有効な居住許可:それのコピーは配達されなければなりません。 さらに、有効期限の少なくとも4か月前でなければなりません。
  • 司法経歴のない証明書:司法長官室で要求する必要があります。
  • 出生証明書:以前に領事館の出身国の領事館またはドミニカ大使館、および国防総省外務省で合法化されている証明書がスペイン語でない場合、その翻訳は公式の宣誓翻訳者およびそれも合法化します。
  • 保証書:司法長官室で公証および合法化され、ドミニカ出身の市民によってサポートされ、財政的に健全でなければなりません。 さらに、市民は申請者の条件(道徳的、経済的、維持、本国送還)に責任があることを宣言し、次の文書のコピーを提出する必要があります。プロパティ。
  • 宣誓供述書:その中で、関係者は、XNUMX人のドミニカ出身の目撃者とともに、彼らのドミニカ領内での居住地を確定します。 この宣言は公証人の前で行われ、共和国司法長官室で正式に合法化されます。
  • 全国循環新聞の請求書:ドミニカ国籍の通知を発行する権利のため。
  • 帰化申請領収書:領収書の金額はRD $ 1,500です。
  • 申請者のパスポートの最初のXNUMXページのカラーコピー。
  • 上記のすべてのドキュメントのXNUMXつのコピー。

利害関係者が帰化ドミニカ人として誓いを取る場合、彼らは外国人の宣誓権利に対する税金を支払う必要があり、その価値はRD $ 5,000です。 上記の書類がすべて提出されたら、関係者はXNUMX週間後に面接に出席するように呼び出されます。

これらの要件に関する質問については、電話でお問い合わせください (425) 247-1895 (内線2055、2057、2058)。

予防接種

ドミニカ共和国への旅行に必須の要件として義務付けられている法的に義務的なワクチンはありません。 ただし、保健当局は、下記のようないくつかのワクチンを考慮に入れることを推奨しています。

  • 腸チフス:このワクチンを適用する目的は、特に水質や食品の取り扱いなどの要因に関連して、衛生状態の悪い農村地域に滞在または訪問した場合に、この病気にかかるリスクを減らすことです。
  • 破傷風-ジフテリア:これは世界中に分布する疾患であるため、予防としてこのワクチンを適用することを強くお勧めします。
  • A型肝炎とB型肝炎:この病気の予防接種を受けたことがない、またはこの病気にかかったことがない場合は、危険な活動を行う場合に特にお勧めします。
  • マラリアとデング熱:これらのワクチンは、国内の観光がほとんどない農村地域を訪れる人にのみ推奨されます。

いずれにしても、常に心に留めておくべきことは ボトル入りでない水を飲まないでください 旅行が続く期間中、一般的に、汚染されるリスクが最小限の種類の真水は絶対に飲まないでください。

この記事は743回共有されました。 この情報の収集には何時間も費やしてきました。 気に入ったら共有してください: